校訓・教育目標

校 訓
 
自彊創生 (じきょうそうせい)
 
「自ら努め励み、自らをも新しく創り生み出すこと」
 
努力することによって、個性を最大限に開花させ、自己実現を図ってほしいという願いがこめられています。
 
教育目標
 
 一人一人の個性を伸ばし、高い人格と豊かな人間性を育成し、国際社会の中で信頼と尊敬を得る国民を育てるため、次の目標を定める。
 
1.知を愛し、学び向上する人間
2.自他を愛し、礼儀と節度を重んじて協力しあえる人間
3.勤労を愛し、強い意志と体力をもつ人間
 
教育方針
 
自ら考え、自ら学び、自ら行わしめることを基本にすえ、個性の伸長と学力の向上に努める。
 
紀律をわきまえ、明るく生き生きと、主体的に活動できる、豊かな人間の育成に努める。
 
健康の増進を図り、逞しい心と体を鍛え、教師と生徒が一体となり、良い校風の樹立に努める。
 
個性を伸ばし人間力を育てる伊奈学園
 
1.伊奈学園の特色
 
 伊奈学園は、昭和59年に我が国で初めての普通科・男女共学の総合選択制高等学校として創立されました。
 「個性を伸ばし、高い人格と豊かな人間性を育む教育」を目標に掲げ、生徒一人一人が自らの学びの目的を主体的に達成できるように、様々な新しい教育システムを導入しています。
 その主な柱は、生徒が自分の能力・適性、興味・関心、進路希望等に応じて学習できるように、7つの「学系」を中心として、190種類以上の選択科目の中から自ら学ぶ科目を選択できるようにしていることです。
 そして、それらの科目(講座)が十分学べるように、全国一の施設・設備を整え、200名に及ぶ各専門分野のプロの教師陣を揃えています。
 入学後は6つの小規模な学校「ハウス」の一つに所属し、卒業までの学園生活の本拠とします。
各ホームルームには、様々な「学系」の生徒が集まり、互いに切磋琢磨し、力をつけています。
 
2.幅広い進路実現が可能な教育課程
 
 本校の教育課程は、多くの生徒の様々な進路希望に対応できます。国公立大学への受験においても必要な英語、数学、国語の基礎科目を生徒全員が履修でき、十分対応できるようになっています。
 1年次で、必修科目を中心とした基礎学力を向上させ、2年次では、更に基礎学力の充実を図りながら、各学系の専門分野を学びその実力を育成していきます。
 3年次では、一人一人の進路に応じて、各学系指定や関連の教科・科目はもちろん、それ以外の、教科・科目も選択できるように「自由選択科目」をたくさん設定してあります。したがって、各人は進路希望に応じた科目を自由に選択できるようなっています。
 また、学系を決定した後でも、学系の枠を超えて、3年次の「自由選択科目」の選択によって進路希望の変更にも柔軟に対応できるようになっています。
 
3.伊奈学園が求める生徒
 
伊奈学園で何を学ぶのかという目的をしっかり持っている生徒
 伊奈学園では、7つの学系の中から一つを選択し、出願してもらいます。1年次の1学期中に、将来の進路を見通した上で、学ぶ科目を、自分で選択し決定します。したがって、自分の能力、適性、進路希望などについてよく考えて、伊奈学園で何を学ぶか、あるいは学びたいか、はっきりとした目的を持っている生徒を求めます。
 
主体的に判断し、自律できる生徒
 伊奈学園の3年間は、一人一人が自分の個性や希望に合った学習を、自らの意志で選び決定し学びます。したがって、自分自身を成長させるために、自ら考え、自ら責任を持ち、高校生として規律ある生活ができる生徒を求めます。
 
教科学習だけでなく、生徒会活動や部活動などへの参加意欲の旺盛な生徒
 伊奈学園では、生徒会活動や、文化部・運動部の部活動が極めて活発で、これまで多くの先輩がすばらしい成果をあげてきました。こうした伊奈学園で、教科学習とこれら諸活動との両立をめざし、心身ともにバランスのとれた人間として成長しようとする意欲と希望にあふれる生徒を求めます。