語学系

  学系の指導方針
  •  伊奈学園では、大学入試に対応できる力を育てるばかりでなく、発声指導にも力を入れ、ネイティブのように話せるようになることを目指しています。ドイツ語・フランス語・中国語はゼロからのスタートですが、3年間で大学受験レベルの実力をつけることを目標にしています。そのために補習や合宿を活発に行っています。9名のALTの先生も熱心に指導してくれます。伊奈学園の語学系は単に言語を学ぶだけでなく、たくさんの文を読み、書き、人の話を聞き、外国と自国の文化・習慣の違いを理解しながら、外国に向けて自分のメッセージを正しく発信でき、なおかつ、他の人と協力し合って仕事をしていける人材を育てます。

 学系の特徴
  •  英語の必修科目であるコミュニケーション英語Ⅰ(1年次必修)・コミュニケーション英語Ⅱ(2年次必修)及びコミュニケーション英語Ⅲ(3年次必修)はドイツ語・フランス語・中国語選択者はもちろんのこと、全ての生徒が学びます。英語・ドイツ語・フランス語・中国語の選択科目は、条件さえあえば、他学系の生徒もとることができます。それが伊奈学園の総合選択制の特徴です。ただし、ドイツ語・フランス語・中国語を学んでみたい生徒は1年次にドイツ語・フランス語・中国語を選択しておくことが必要です。2年次にあがってもっとその言語を深く学んでみたくなったら続けて学ぶことができますし、他にもっと興味があるものが出てきたらそちらに変えることも可能です。
 設備・授業風景
授業風景授業風景

SELHi 公開授業
「地球温暖化についての模擬国連」

全国高校生英語ディベート大会
全国第3位(対戦の様子)


授業風景授業風景

ドイツ人ALTとの
ティームティーチングによる
ドイツ語の授業

フランス人ALTとの
ティームティーチングによる
フランス語の授業


授業風景授業風景

フランス語合宿でのひとコマ

中国人ALTとの
ティームティーチングによる
中国語の授業


 在校生・卒業生のことば
  • 語学系英語の卒業生からのメッセージ

    鈴木美海さん(平成29年度卒・語学系英語)
    青山学院大学地球社会共生学部地球社会共生学科合格


    「伊奈学の語英を選んだ理由」

    私は幼い頃から英語が好きでした。しかし中学時代、思うように英語を学ぶ時間がなかったという思いや、クラス全体で受ける授業に物足りなさを常に感じて過ごしていました。そこで、高校では英語を思う存分学べる環境とシステムが整った学校を選ぼうと思い、ALTの先生方の人数も多く、三年次に近づくにつれて英語の授業を沢山取ることができる伊奈学園に決めました。

    「伊奈学の授業について」

    一年次の夏から留学し、帰国後の二年次では、英語表現Ⅱa、英語会話、コミュニケーション英語、異文化理解をとりました。帰国後、英語の力をおとさないように、英語でディベートを行う英語会話、文法を正確に覚えるために英語表現を取りました。また、自分が留学で体験した文化の違いを周囲の人に知ってもらいたかったので、異文化理解を選択しました。そして三年次では、コミュニケーション英語4単位、エッセーライティング2単位、英語表現Ⅱb2単位、総合英語4単位、英語読解2単位と、英語の科目は計16単位を取っていました。

    これらの科目を取って、伝えたいことを論理的に英語で伝える力、文法力、自ら人前に立って話す積極性が身についたと思います。特に、総合英語ではそのような能力だけでなく、国際的な問題にも目を向ける機会ができました。どのように的確に問題を把握し、英語で議論することができるか、いかに自分の意見を英語でしっかり主張するかについても教わりました。その授業こそが現在の進路にも大きな影響を与えてくれたと思っています。

    「現在」

    青山学院大学地球社会共生学部地球社会共生学科では、現代の国際情勢の中でどのように人種、宗教、国籍、文化を超えて共生していくことができるのかについて学んでいます。今後自分が生きていく世界の状況を予測し、問題の解決に少しでも貢献していきたいと思っています。恵まれた環境で生きているからには世界の人々に尽くす人生を歩みたいので、大学四年間で知識と適応能力など、様々な国際協力に必要な力を身につけていきたいです。

    「将来」

    将来は、世界におけるアジアの地位向上と経済格差を改善する手助けとなるような会社を設立したいと思っています。しかし、科学技術の進歩、世界情勢や為替、流行はその年その年で移り変わりの激しいものです。自分が一社会人として世界に出た時、その時何が必要で、これから何が求められるのか、様々な変動にも臨機応変に対応し、また長く人々に必要とされるビジネスをしたいです。

    「最後に」

    伊奈学園の語学系英語のよい点は、毎日英語の授業を取ることができること、また三年次には選択科目数の半分以上に自分に必要な科目を取り入れることができること、身近にALTの先生がいることで、教科書に載っているような表現だけではなくて実際に使う会話表現を学ぶことができること、つまり伊奈学園は英語づくしの生活が毎日あるということです。



    長谷川麻衣さん(平成29年度卒・語学系英語)
    上智大学外国語学部英語学科合格


    「伊奈学の語英を選んだ理由」

    私は中学生の頃から英語が好きだったので、3年間目一杯英語の授業を取って、英語を極めて最終的に大学などで留学するのに十分な英語力を身につけたかったので伊奈学園の語学系英語にしました。

    「伊奈学の授業について」

    2年次は英語会話、英語理解読解、英語表現Ⅱb、3年次は総合英語、時事英語、エッセーライティングを取りました。特に取ってよかったのは総合英語と時事英語です。2つの科目に共通して、ネイティブスピーカーからの指導や、英語で話す体験を頻繁にできたので、どんどん英語が出やすくなっていきました。自分が成長している実感もできたので、自信にもつながりました。

    総合英語ではディベートを通して、とにかく話し続けること、自分の意見を伝える努力、相手の話を聞きながらどこに論点のほつれがあるかを考えることなどを学びました。どんな話をするときでも自分の意見に自信を持っていないと負けてしまうので、いかに説得力を持たせるか、どんな理由があったらみんなが納得してくれるのかを考えるようになりました。これは英語だけではなく、日本語での話し合いの時にも活きてくるスキルだと感じています。

    また、チーム内での連携も学ぶいい機会でした。チームメイトがどこを理解していないのか、何と言いたいのか、どこまで自分の力でできるのかをよくみて、チームメイトに応じたサポートをする必要があり、チームメイトを信頼して任せる、もしチームメイトがうまく話せなくても自分が助けるという責任感や、コミュニケーションの重要性を経験できました。チームで勝った時の達成感は他では得られないものでした。

    時事英語では英字新聞を読むという、自分からなかなか進んで取り組めないようなことに挑戦しました。普段なかなか知る機会のなかった世界の問題に目を向けることで、視野が広がったと思います。新聞の要約を通して、どの情報が重要なのかを見極める力もついたので、自分が文章を書く時にどんな情報が入っていれば良いのかも判断できるようになりました。伊奈学園でのアカデミックな授業が大学入試の前の良い準備になったと思います。

    「現在」

    私は現在上智大学の外国語学部英語学科で学んでいます。私の学部の必修科目での最終目標はcritical thinkingを身につけることです。そのためにディベートや英字新聞の要約などをメインに取り扱っています。海外に留学していた経験はあってもディベートはしたことがない人が多いので、総合英語の知識を活かして一歩リード出来ていると感じています。

    「将来」

    将来は英語を利用した仕事に就きたいです。ニュースを見ていても基本は国内のことだけで、国際的な出来事を報道している番組はほとんどないことに疑問を持っているので、日本の人にもっと世界で起きていることを広められるような仕事をしたいと思っています。

    「最後に」

    伊奈学だからこそできたことを紹介したいと思います。1つめは時間割を組み立てる時、自分に何が必要なのか、何が足りていないのか、どの科目を取れば強化できるのかを考えて取ることができたので、のびのびと英語を伸ばせる環境を作れたことです。他の学校で自分の苦手な科目に四苦八苦しながらではここまで英語に時間を割けなかったと思います。

    2つめは先生方のサポートが手厚いことです。私は入試で英語の面接、ライティングがあったので色々な先生にお昼休みや放課後に指導していただきました。外国語科にはたくさんの英語の先生がいらっしゃるので、いろいろな角度から英語の指導をしていただけて、さまざまな意見を知ることができました。外部のスピーチコンテストに参加した際も快く協力してくださり、どこに力を入れればいいのか、どういう気持ちで話せばいいのかを指導していただき、みごと優勝できました。ALTの先生方にもとても親身になって指導していただきました。

    3つめは語英のためのイベントが豊富だったことです。私は1年生の夏合宿に参加したのですが、その後英語劇に携わる機会があったり、普段接点がない人とも知り合うことができました。私が高校で1番仲が良かった友達は夏合宿で出会いました。学校が企画しているイベントに積極的に参加することでどんどん輪を広げられるので、部活をやっていなくても友達を増やすことができました。 

     

     

     

     

 語学系(英語)  
 
 語学系(ドイツ語)
 
 語学系(フランス語)
 
 語学系(中国語)
    
    外国語科通信
  29年度第1号.pdf 29年度第2号.pdf 29年度第3号.pdf 29年度第4号.pdf
  29年度第5号.pdf 29年度第6号.pdf 29年度第7号.pdf 29年度第9号.pdf
  29年度第10号.pdf