スポーツ科学系

 学系の指導方針
  • 普通科の主要教科を学習しながら、体育・スポーツに関する専門的な科目を学び、自発的思考や問題解決能力の育成に努めます。また、放課後は、運動部に所属し、体育・スポーツの資質を高めながら競技力の向上を図ります。
 学系の特徴
  • 1年次では、必修科目である体育と保健を学習し、2・3年次では、専門科目である『スポーツ概論』『スポーツⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ(ダンス)・Ⅴ(野外活動)』『レクリエーション』を学習することにより、専門的な理解と高度な技能の習得を目指します。また、生涯を通してスポーツに関わることのできる資質や能力を育てます。
    スポーツ科学系では、興味や関心などによって様々な角度から体育・スポーツに触れることができます。(12講座・14種目から選択)
    進路については、毎年、関東・全国大会等で活躍した者を中心に推薦等で、大学に進学します。一般受験においてもほとんどの者が大学・短大に進学します。
    将来、スポーツ関係の分野(体育教員・トレーナー・インストラクターなど)を目指す人に適している学系です。
 設備・授業風景
「スポーツII(バレー)」の授業風景
(第1体育館)
「レクリエーション」の授業風景

「スポーツII(バスケット)(バドミントン)」
の授業風景 (大体育館)
「スポーツ概論」
外部指導者による授業

「スポーツI(体操競技)」の授業風景
(第2体育館)
「スポーツⅢ(剣道)」の授業風景
(剣道場)

プール(50m)「スポーツⅠ(新体操)」の授業風景
大体育館

 在校生・卒業生のことば
  • 31期生 新体操部
    文武両道のもと 「部活動を思う存分やりきりたい!」という人は、ぜひ、伊奈学園に入学してください。公立高校で体育館が3つ、体操場、柔剣道場、サッカー場、ラグビー場、400mトラック、ランニングコースなど体育施設が充実しているのは伊奈学園だけです。
    部活動の練習でも体育館が使えない日はほぼありませんでした。
    スポーツ科学系に入学すると、『スポーツ概論』という授業があります。この授業では、講義だけでなく実習など様々な活動を通してスポーツを学ぶことができます。
    自ら考え、仲間たちとともに学び、様々な経験をすることができてスポーツ科学系に入学してよかったと思っています。