埼玉県立伊奈学園中学校
       〒362-0813  埼玉県北足立郡伊奈町学園4-1-1
           電話 048-729-2882  FAX 048-729-0194
 

伊奈学園中Q&A

1 伊奈学園中学校の特色

(1) 伊奈学園中学校の教育の特色を教えてください。

  •  本校の中高一貫教育では、6年間を通して人格の陶冶と高い学力を養成することを目指しています。特に、6年後の進路選択に着目し、国公立大学への進学に対応できるように、国語・社会・数学・理科・英語の基礎学力の定着を目指しています。さらに、英語・数学では少人数授業や習熟度別授業を実施し、授業時間数も一般の中学校より、英語が1時間・数学が2時間多い時間割になっています。
     また、複数教科を融合した学校設定教科(選択教科)や社会人講師による授業などの幅広い体験学習等を通して、生涯にわたって生きてはたらく確かな学力を身につけていきます。
     また、道徳の時間や校外授業などを通して、規律やマナーをわきまえた、主体的に行動できる心豊かな生徒を育てていきます。

(2) 伊奈学園総合高校に進学する際、高校入学試験を受けるのでしょうか。

  •  伊奈学園中学校の生徒は、入学試験を受けずに、伊奈学園総合高等学校へ入学することができます。

2 高校への進学

(1) 人文系・理数系は、それぞれどんな分野に進むことができますか。

  •  伊奈学園総合高校は、7つの学系に別れています。学系とは、学科と異なり、生徒がそれぞれの能力・適性、興味・関心、進路等にもとづいて、選択して学習する内容を系統的に組み合わせた大枠を示した名前です。伊奈学園中学校からの進学では、人文系、あるいは理数系のいずれかを選択して学習することになります。

    人文系は、次のような分野に進むことができます。
     ◎教育学、心理学、哲学  ◎日本文学、国文学、英文学等
     ◎歴史学、地理学  ◎社会・社会福祉、人間科学
     ◎法律学、政治学(国際政治含む)  ◎経済学、商・経営学

    理数系は、次のような分野に進むことができます。
     ◎理学◎建築工学、土木工学◎電気・電子工学、情報工学
     ◎機械工学◎経営工学◎農学
     ◎獣医学、畜産、水産学◎薬学、応用化学◎医学、歯学
     ◎看護、保健、衛生学

     特に高校段階では、センター試験に対応するため、5教科(国・社・数・理・英)をバランスよく学習するよう科目を選択します。

(2) 人文系・理数系を選択する際、人数制限はあるのでしょうか。

  •  生徒は、人文・理数系のいずれか希望する学系に進むことができます。したがって、人数制限はありません。なお、伊奈学園中学校では、高校の学習内容を一部先取りしたカリキュラムを組んでいるため、中学校から進学した生徒(内部進学生)は、高校から入学した生徒とは、別のクラス編成をします。 

(3) なぜ、人文系・理数系以外の学系を選択できないのですか。

  •  伊奈学園の中高一貫教育では、6年後の高校卒業時の進路選択において、国公立大学への進学を目標にしています。そのために、大学センター試験に対応できるような、幅の広い確かな学力を身につけることのできる人文系または理数系に進むことが適切であると考えています。そして、伊奈学園中学校では、伊奈学園総合高校の人文系または理数系で、持てる力を十分に発揮し、高校でリーダーシップのとれる学力を身につけることができるように、国語・社会・数学・理科・英語の基礎学力の定着に力を入れます。したがって、人文系・理数系以外の学系(スポーツ科学系・芸術系・生活科学系・情報経営系・語学系)への進学を考えている方は、高校からの進学をお勧めします。

3 教育内容

(1) 伊奈学園中学校の時間割はどのようになっているのですか。

  •  伊奈学園中学校では、毎日6時間授業です。各教科をバランスよく学習します。本年度の時間割は下の表の通りです。

 

  
 (2) 伊奈学園中学校の授業の特色は何ですか。
  •  すべての基本は、必修教科です。この必修教科で、基礎・基本の確実な定着をはかると共に、幅広い確かな学力を養成します。なお、英語、数学は一般の中学校よりも授業が多くあり、少人数やティームティーチングで授業を実施します。
     英語では、1学年は週5時間、2・3学年では週4時間の授業が展開されています。週1時間はコンピューター教室での授業です。普通教室での授業は、全学年、少人数指導を取り入れています。また、ALT(外国人指導助手)と日本人教師とのティームティーチングが行われ、生きた英語をキャッチしたり発信する練習を行っています。国際社会の中で、基本的なコミュニケーションを英語で手繰る力を身につけるため,「聞くこと」「話すこと」を中心とした指導に力を入れながら「読むこと」「書くこと」の指導にも積極的に取り組んでいます。
     数学では、2年生は少人数授業を、1・3年生は2学級3展開の習熟度別授業を実施しています。学習内容については、中高6年間を見通したカリキュラムを組んでいるので、中学3年生の途中から高校生用の教科書を使った学習を始めます。課題解決的な学習で、自ら考えることを重視するとともに、プリントや問題集を使って、学習内容の確実な定着を図っています。
     また、すべての教科でITを活用したり、発表や話し合いなどのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の育成に力を入れています。
     3年生の総合的な学習の「表現」「国際」「科学」では、ティームティーチングで授業を実施します。さらに、社会人講師を学校に招いての特別授業も行っています。 

(3) 3年生の総合的な学習の時間では、どのような授業ですか。

  •  3学年の総合的な学習の時間では、複数教科を融合した学校独自の教科を勉強します。

 


 
(4) 総合的な学習の時間ではどのような学習をするのですか。
  •  本校の総合的な学習の目的は、各学年において生徒自身が学習のデザイナーとなり、学習の計画→調査・実験・体験・観察→まとめ・発表→評価という一連の活動を通して
     ① 調査研究スキルを育てる
     ② 「考える力」を育てる
     ③ プレゼンテーション能力を育てる
    を掲げています。主な取り組みは、
     1学年…ベース学習、職業体験、福祉学習
     2学年…くらしと環境、食について考える、人の生き方に学ぶ
     3学年…クエストエデュケーション、高校生活の設計、応急処置
    とし、個別指導と同時に豊富な図書やPCルームを積極的に活用しています。

(5) ボランティア活動などは実施するのですか。

  •   「思いやりの心で行動できる人材」を育成することは、本校の教育目標の大きな柱の一つです。ボランティア活動をとおして、豊かな心、他人を思いやる心や感謝の心を育てていきます。 

(6) 読書に力を入れるということですが、具体的に教えてください。

  •  伊奈学園の中央図書館には、9万9000冊の蔵書があります。伊奈学園中学校の生徒もこの図書館を利用できます。また、中学校専用の図書室があり、中学校の生徒が身近に読書に取り組めるようになっています。
     さらに、読書をする環境を作るため、国語の授業で課題図書を設定したり、国語以外の授業でも優良図書の紹介をします。学級文庫も設置されており、月曜日と木曜日のSHR前の10分間には、朝読書も行っています。 

(7) 朝のスキルアップタイムとは、どんなことをするのですか。

  •  月曜から金曜の朝8:25~8:35までの10分間で、朝読書と計算・漢字・英単語等の反復練習を行います。月曜と木曜は読書タイム、火曜日は計算練習、水曜日は漢字練習、金曜日は英単語の練習です。また、木曜日を理科・社会・読書のローテーションにして、5教科の基礎学習に取り組んでいます。継続的に取り組むことで、確実な基礎学力を高めていきます。さらにスキルアップテストを実施して、その定着を確実なものとしていきます。

(8) 伊奈学園中学校では英語検定などに力を入れていると聞きましたが。

  •  本校では、学習意欲を高めるともに、確かな学力の向上を目指して、英語検定や数学検定、漢字検定の受験を奨励しています。平成29年度の実績(取得人数)は次の通りです。 (各学年80人在籍)

<H29年度取得人数>



(9)
 補習講座について教えてください。
  •  大きく分けて、夏季補習・サタデーセミナーの2つがあります。
     夏季補習は、成績不振者対象の補習で指名制です。同時期に誰でも利用することが出来る自習室が開かれ、教員が質問を受け付けるほか、教職を目指す高校生が勉強の助言をしてくれます。
     サタデーセミナーは、高校の学習へのよりよい接続を目指して、3年生の7月から卒業までの9ヶ月間、土曜日の午前中に実施してます。例年の参加率は95%前後です。内容は、発展的なものと基本的なものから、生徒が選択して学習を行います。
     なお、個々の質問に対しては、職員室前の「たゆまぬ勉学コーナー」などで対応しています。 

4 学校生活

(1) 伊奈学園中学校の日課を簡単に教えてください。

  •  平常日課は次の通りです。 
 
 
(2) 伊奈学園中学校までの通学方法にはどのようなものがありますか。
  •  公共交通機関を利用した通学として次の方法があります。
    ・ ニューシャトル「羽貫駅」から徒歩で通う。
    ・ JR高崎線「上尾駅」から伊奈学園行きのバスを利用する。
    ・ JR宇都宮線「蓮田駅」から伊奈学園行きのバスを利用する。
    ※ 自転車は、学校から1.5km以上離れていて、他に交通手段がない場合に限り許可します。
      通学距離が1.5km未満の場合は、徒歩通学となります。
    ※ 自転車通学許可者はヘルメット着用をはじめ、いくつかの決まりを守らなければいけません。
    ※ なお、自宅から最寄り駅までの自転車の利用については、ご家庭の判断でお願いしています。

(3) 部活動はどのようなものがありますか。

  •  運動部では、陸上、体操、バドミントン、剣道、硬式テニス、文化部では、吹奏楽、文芸、英語、囲碁将棋、パソコンがあります。また、高校の部活動の中で、中学生が入部可能なものがあります。現在、中学生を受け入れている高校の部活動は、空手道・新体操・演劇となっています。なお、部活動への加入については、任意です。強制ではありません。 
  •  2021年度の新学習指導要領完全実施に向けて、伊奈学園中学校の部活動の精選に取り組んでいます。2018年度に中学校独自の部活動である「体力向上部」・「文化教養部」を設置し、今後はこの2つの部活動に、現在ある他の部活動を少しずつ統合していく予定です。

 

(4) 学校行事にはどのようなものがありますか。

  •  主な行事を学期ごとにまとめました。
    ① 第1学期
     ○ 集団宿泊研修
       1年生が互いの親睦を深めることを目的に実施します。今年度は長野県青木村で2泊3日の日程で実施しました。          
     ○ 修学旅行
       3年生が、広島・京都方面の2泊3日で5月に実施。広島での平和学習や京都での班別行動等を行いました。
    ② 夏季休業中
     ○ 社会体験チャレンジ
       1年生で実施する職業体験学習です。伊奈町内の各事業所で3日間、実際に「働く」を事業所の方々との交流を
      とおして学びました。
     ○ 自然体験研修
       群馬県みなかみ町に民泊2泊3日で行いました。
     ○ 海外短期留学(オーストラリア)
       例年、3年生30名が伊奈学園の姉妹校であるオーストラリアのケアンズに
      夏休み中に12日間の予定で短期留学を実施しています。
    ③ 第2学期
     ○ 学園祭(いなほ祭)
       生徒会の生徒が中心となり、9月初旬の土日で行います。ハウスにモニュメントを作ったり、学年ごと
      にテーマを決めて発表などを行います。学園祭には毎年多数の見学者が訪れました。ここでは、中学校・高校の入学
      相談コーナーも開設されます。
     ○ 体育祭
       上尾運動公園陸上競技場にて、9月に中高合同で実施します。「1ハウス」として高校生と同じ種目の中で競い合いました。
     ○ ミニコンサート   
         クラスごとに曲を決めて合唱を行います。どのクラスも最優秀賞目指して心を一つにして歌います。  
      ③ 3学期  
       ○ 百人一首大会 
         全校生徒による百人一首大会です。  
       ○ イングリッシュセミナー  
         3年生を対象におこなわれる英語学習会です。3年間の学習の集大成とさらなる英語力の向上を目指します。  
       ○ 3年生を送る会 
         卒業していく3年生を在校生全員の協力で送り出す会です。合唱や思い出のスライドなどで盛り上がります。   

      ※ 上記以外にも様々な行事や取組があります。また、実施内容も年度によって変更があります。  
   

(5) 中学生はどこで学習しますか。

  •  伊奈学園は6つのハウスに分かれています。中学生はその内の第1ハウスで学習しています。LL教室、理科室、音楽室・美術室等の特別教室や体育館・グラウンドは高校生と共有して使用します。
     なお、すべての普通教室と特別教室に保護者負担により冷房が完備されています。  

(6) 給食はあるのですか。

  •  通常の学校給食はありません。生徒はお弁当を持参して、クラスで食事をとります。
    ただし、ミルク給食といって、牛乳を昼食時に配布します。
     なお、校舎内でパンやお弁当を販売していますが、基本的にはお弁当を用意していただきます。 

(7) 制服は高校生と同じですか。

  •  基本的に高校生と同じ制服です。男子はボタンが異なる程度です。女子については、ブレザー・ベスト・Yシャツは高校と同じものですが、ネクタイではなく、リボンを着用します。スカートは高校生のものよりもプリーツが多いものです。 

(8) 授業料は徴収するのですか。

  •  義務教育ですので授業料は徴収しません。また、教科書等も無償で供与します。
    ただし、各教科で使用するワークブックなどの教材費やPTA後援会費、空調設備費、ミルク代などは集金します。概ね市町村の中学校と同程度の額です。 

5 その他

(1) 今後の情報の入手方法について教えてください。

  •  今後、伊奈学園のホームページに新情報を掲載していく予定です。
    是非、ご覧ください。
     ホームページアドレス http://www.inagakuen.spec.ed.jp/