埼玉県立伊奈学園中学校
       〒362-0813  埼玉県北足立郡伊奈町学園4-1-1
           電話 048-729-2882  FAX 048-729-0194
 
COUNTER62083

伊奈学園中トピックス

学校トピックス >> 記事詳細

2019/09/06

学校地域WIN-WINプロジェクト⑦ 教育長表敬訪問

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者

伊奈学園中学校3年生は、県教育局が進める「学校地域WIN-WINプロジェクト」を活用し、株式会社ローソンと協働してパンの新商品開発に取り組んでいます。その様子をお伝えします。(以下の記事は担当生徒が作成しました)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 


こんにちは!広報担当のS
Iです!

 

夏休みも終わったころですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

もう秋とはいえ、まだまだ暑い日が続いています。

体調にはお気をつけてください!

 

 

さて、今回の記事は「ある場所」の訪問についてです。

 

夏休みも終盤の829日。パン開発チーム、販促物チーム、記録広報チームの各部署の代表者ら6名はそこに集められました。

 

そう、埼玉県庁です!

なかなか行く機会のない施設だったのでとてもいい経験になったのではないでしょうか。

 

今回の県庁訪問は、小松教育長への表敬訪問ということでパンの完成の報告を行いました。

 

用意された会議室に入ると横には大きなテレビカメラが!(‘’Д’’)

報告会の様子をテレビ埼玉の方が取材に来ていました。



報告会はまずローソンの岩崎さんのお話から始まります。

 

お話のなかであった「地産地消」から「地産外消」へ、という言葉が印象的でした。

埼玉県の素材で作ったものを埼玉だけでなく、首都圏や甲信越にも届け食べてもらう。

この取り組みで埼玉のおいしいものをたくさん知ってもらえるといいな、と思いました。

 

次に活動の報告を行いました。

 

各自が順々に自己紹介と自分の部署の活動内容を発表していきます。

とても緊張しましたが、全員はきはきと話していました。

普段の授業内での発表の経験が生きたのだと思います。

そして小松教育長のお話を聞き、試食を行いました。

小松教育長のおっしゃっていた、win-winの関係からwin-win-winへ、という言葉が印象的でした。

企業と学校にとってwin-winという意味に埼玉県も加わると良いですね、とのことでした。

試食の際に、小松教育長がねぎみそ豚パンではマヨネーズについて、抹茶梅ぇ~ろんぱんではジャムについてなどこだわりのポイントについて感想を言ってくださりとてもうれしかったです。


最後に写真撮影を行い、その後テレビ埼玉の取材を受けました。

総菜、菓子パンの代表者や生徒会役員の生徒がインタビューに応じていました。

後日テレビでの放映もあり、ついに地上波デビューか…と感慨深い思いでした。

 

では今回はこのあたりで!

次回はいなほ祭の様子をお届けする予定です。よろしくお願いします。

以上、広報担当のSIでした!



19:05 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)